防犯・防災

【厳選】防災の為に必要な食品や水など備えておくものリストは?

食品や水など備えておくものはローリングストック法で

以前までは『長期保存できる食料を3〜4日分のセットで購入して備蓄』という考え方が主流でした。

しかし今現在広まりつつあるのは、普段から少し多めに食料や水、食料や加工品を買っておき、食べたらその分を買い足していく『ローリングストック法』。

常に一定量の食品を『食べながら備える』ので、賞味期限を過ぎて廃棄することもなく、賞味期限が短い加工品でも備蓄食料になります。

備蓄の量は低層階なら3〜4日、高層階は1週間

備蓄はライフライン(水道・電気・ガス)が復旧するか、支援物資が届くまで生き延びるためのものです。

高層階に住んでいる場合は、下まで降りることができない可能性があり、自分の部屋で過ごさなければならないので、1週間分、低層階では3〜4日分が目安です。

また救援物資は避難所にも届きますが、急激に人口が増加している地域では避難所に入れないことがあるかもしれません。

避難所に救援物資が届くまでというより、ライフラインが復旧するまでの備蓄、と考えておいたほうが安心です。

高カロリーで手軽な食品リストを優先

備蓄食料はみずがなくても簡単に食べられるものを準備します。

非常時はカロリーを摂取することが大切なので、高カロリーのチョコレートやようかん、缶入りのパン、ビスケットなどは用意しておきましょう。

魚や肉、果物、野菜などの缶詰は、普段から試しに食べてみて、好きな味をストックしておくといいでしょう。

野菜不足が心配なら野菜ジュースも

栄養の偏りが心配なら、野菜ジュースを多めに備蓄するといいでしょう。

ピクルスなどの瓶詰やザワークラウト(キャベツの塩漬けの発酵食品)もビタミン補給になりますし、日ごろの食事にも使えます。

ベランダ菜園や、ぬか漬けも強い味方です。

カセットコンロとボンベで温かい食事

電気もガスも止まったときにカセットコンロは重宝します

温かいお茶やスープが飲めると、心もホッと温まります。

普段の生活にも使えるので、カセットボンベは少し多めに買い置きをしておくと安心です。