スポーツ

橋本大輝の出身高校大学はどこ?体操の経歴やはじめたきっかけは?

橋本大輝選手は2001年生まれで、体操男子日本代表の新エースです。

現在は大学在籍中であり、今後の伸び代も期待されていますが、これまでの学生時代はどういった経歴だったのかにも注目が集まっています。

そこで今回は橋本大輝選手の出身高校大学はどこ?・体操の経歴・はじめたきっかけは?といった流れで詳しくご紹介していきます。

橋本大輝選手の出身高校

船橋市立船橋高等学校
船橋市立船橋高等学校

橋本大輝選手の出身高校は千葉県にある、船橋市立船橋高等学校です。

橋本大輝選手は高校時代は体操部に在籍していました。

なお、市立船橋高校は体操部は強豪として知られており、OB・OGには佐藤寿治選手(ソウル五輪、アトランタ五輪代表)や田野辺満選手、白岩雅孝選手、小川泰弘選手、齋藤篤思選手など多くの日本代表選手を輩出しています。

 

橋本大輝選手の高校時代

橋本大輝

橋本大輝選手は高校時代に才能が開花しています。

高校三年生時体操世界選手権の日本代表に選ばれ(高校生で日本代表に選ばれるのは白井健三選手以来の史上二人目)、

市立船橋高校の体操部では主将としてチームを引っ張るなど、将来を期待される選手ということは間違いありませんでした。

橋本大輝選手の出身大学

順天堂大学

順天堂大学

橋本大輝選手の大学学部は順天堂大学スポーツ健康科学部で現在(2021年)在籍しています。

橋本大輝選手が在籍するスポーツ健康科学部には三つのポリシーが下記↓のようにあります。

  1. スポーツ健康科学を中心とした幅広い知識と教養、及びそれらの活用能力
  2. 協働で課題を解決するために必要なコミュニケーション能力
  3. スポーツや健康の分野で、指導的な役割を果たすために必要な高い倫理観

参考元:順天堂大学

学業にも体操に生かした学びを取り入れているようです。

 

順天堂大学体操競技部

順天堂大学体操部

橋本大輝選手は2020年に順天堂大学の体操部に入部しています。

高校時代と同様に順天堂大学の体操部も強豪校として知られ、下記OB・OGが在籍していました。

順天堂大学:OB・OG

 

  • 斎藤良宏:シドニー五輪 団体4位
  • 鹿島丈博:アテネ五輪 団体金メダリスト・個人あん馬銅メダリスト、北京五輪 団体銀メダリスト
  • 冨田洋之:アテネ五輪 団体金メダリスト・個人平行棒銀メダリスト、北京五輪 団体銀メダリスト
  • 米田功:アテネ五輪 団体金メダリスト・個人鉄棒銅メダリスト
  • 坂本功貴:北京五輪 団体銀メダリスト
  • 田中佑典:ロンドン五輪 団体銀メダリスト、リオ五輪団体金メダリスト
  • 加藤凌平:ロンドン五輪 団体銀メダリスト、リオ五輪団体金メダリスト
  • 新島卓矢:ユニバーシアード 団体金メダリスト
  • 田頭剛:アジア選手権 団体金メダリスト・個人跳馬銀メダリスト
  • 福尾誠:体操競技部コーチ、「おかあさんといっしょ」12代目たいそうのおにいさん

橋本大輝選手は2021年6月に、東京オリンピック2020の体操競技男子日本代表に内定しており、新エースとして期待されています。

橋本大輝選手の体操の経歴

橋本大輝選手は6歳から体操競技を始めています。

得意種目はあん馬・鉄棒。

下記↓は高校時代〜2021年現在までの体操の経歴です。

橋本大輝選手の戦績

橋本大輝

  • 2017年(高1):全日本ジュニア選手権 19位
  • 2018年(高2):アジアジュニア選手権 あん馬2冠・個人総合4位・団体総合2位
  • 2018年(高2):平成30年全国高校総体 個人総合優勝・団体総合優勝・あん馬準優勝
  • 2019年(高3):2019リューキン国際招待試合 個人総合優勝・あん馬優勝・鉄棒優勝
  • 2021年:全日本体操個人総合選手権 優勝
  • 2021年:NHK杯 個人総合優勝
  • 2021年:全日本選手権 鉄棒優勝

中学時代までは特に目立った成績ではありませんでしたが、高校入学以降、着々と実力をつけている印象です。

特に大学入学以降の経歴はめざましく、全日本選手権で優勝するなど、今後の世界大会に向けて大きな一歩を踏み出しています。

橋本大輝選手の体操をはじめたきっかけ

左から
次男健吾・三男大輝・長男拓弥

橋本兄弟

橋本大輝選手には二人の兄がおり、お二人とも体操をしており、その影響がきっかけで佐原ジュニア体操クラブにて体操をはじめています。

体操をはじめた当初は、競技が嫌いでしたが続けることにした原動力は兄たちに負けたままなのが嫌という気持ちからでした。

いつしか嫌だという気持ちは逆に体操をすることが生きがいに感じるようになります。

 

佐原ジュニア体操クラブ練習場所

指導者の山岸コーチ

 

佐原ジュニア体操クラブ,山岸信行

体育館

橋本大輝選手が佐原ジュニア体操クラブ時代に使っていた練習場所は廃校となった千葉・香取市の沢小学校でした。

けがの防止用のピットがないことや、温度調節ができないなど、決していい環境とは言えないものでした。

当時の指導者だった山岸コーチからは、『練習しながら、休憩しながら(人の)技を見てずっと体操のこと考えろ』と教育を受けています。

環境に左右されないように常にどうすれば体操を上手くなれるかを考える。

こういったマインドがのちに高校大学での練習に良い影響を及ぼしたことがわかります。

現在では日本を代表する体操選手として表舞台にようになり、今後の世界大会での活躍が期待されています!