スポーツ

広田思乃(障害馬術)のWikiプロフィール と経歴まとめ!

広田思乃(ひろたしの)さんは那須トレーニングファームに所属する障害馬術選手です。

親子3人で障害馬術のトップ選手として活躍。

障害馬術はオリンピックなどにおいて、唯一力のない女性でも対等に戦える競技です。

そんな世界に身を置く広田思乃さんはいったいどのような方なのでしょうか?

そこで今回は広田思乃さんについて、wikiプロフィール・経歴・まとめといった流れで詳しくご紹介していきます。

広田思乃(障害馬術)のWikiプロフィール!

広田思乃

広田思乃さんは、障害馬術競技の選手のほかにも社会福祉士といった顔を持っています。

また親子3人が障害馬術競技において日本トップレベルの実力を持っています。

ここでは広田思乃さんについてWikiプロフィール・家族構成(夫・息子)についてご紹介していきます。

広田思乃のWikiプロフィール

広田思乃(障害馬術)のWikiプロフィール!
  • 名前:広田思乃
広田思乃
  • 生年月日:1983年9月1日
  • 出身:秋田県
  • 血液型:B型
  • 所属:那須トレーニングファーム
  • 競技:障害馬術
  • 職業:社会福祉士

参考元:那須トレーニングファーム

那須トレーニングファームに所属している広田思乃さんは、障害馬術競技を行いながら社会福祉士として働いています。

元々は子供の福祉施設で働きたい希望があり、栃木の国際医療福祉大学を出ています。

那須トレーニングファームは、夫の龍馬さんの父親が脱サラをして切り拓いた牧場で、現在は夫婦で経営をしています。

そこでは障害馬術場などだけではなく、ホースセラピーといった社会福祉士の活動を行っています。

ホースセラピーとは乗馬や馬の手入れを通じて、精神機能と運動機能を向上させることを目的としたカリキュラムです。

広田思乃さんがホースセラピーを始めた理由は、お家や施設、学校で悩んでいることなど、馬と触れ合えば少なくなるのではないかと考えたことでした。

わんたん
わんたん
広田思乃さんはとても純粋で綺麗な心を持っているんだな

広田思乃の家族構成(夫・息子)

広田家族

広田一家

広田思乃さんの家族構成夫の龍馬さん息子の大和さん三人家族でご家族揃って障害馬術の選手です。

広田龍馬(りゅうま)さんは障害馬術でシドニーオリンピックに出場した経歴を持っています。

現在もオリンピック・世界選手権・ワールドカップの世界三大大会の頂点を目指して訓練を積んでいます。

また広田思乃さんとともに社会福祉の活動など、全国の自治体から情操教育として大きく注目される事業を幅広く展開しています。

息子広田大和(やまと)さんもそんな両親の影響を多く受けており、小学五年生の頃から障害馬術の選手をしています。

2019年に行われた『全日本ジュニア障害馬術大会』で優勝するほか、さまざまな大会での活躍。

その結果、那須塩原市長から親子3人揃って『市長特別賞』を受け取っています。

 

ちなみに広田一家は全日本優勝も親子3人揃って果たしています。

広田思乃(障害馬術)の経歴!

現在パリオリンピックに標準を合わせて訓練を重ねている広田思乃さん。

ここからは広田思乃さんの障害馬術の経歴・高校時代といった流れでご紹介していきます。

広田思乃(障害馬術)の経歴

広田思乃の障害馬術の経歴
  • 2001年:宮城国体 少年スピード&ハンディネス 優勝
  • 2010年,11年:JRAホースショーグランプリ大障害 2年連続優勝
  • 2010年:千葉国体 成年女子標準障害飛越 優勝
  • 2011年:山口国体 成年女子トップスコア 優勝/標準障害飛越 優勝
  • 2018年:全日本障害馬術大会 優勝 女性として3人目
  • 2019年:ワールドカップ  24位 アジア人女性初決勝進出

広田思乃さんは高校時代に2001年の宮城国体で秋田県勢で初優勝

育児などで期間は空きましたが、2018年に全日本障害馬術大会で優勝し、2019年ワールドカップで決勝進出などしています。

この二つの大会では男性と互角以上に渡り合う活躍を果たしています。

広田思乃さんの高校時代

秋田県立角館高等学校

秋田県立角館高等学校

広田思乃さんの出身高校は秋田県にある公立校の角館高等学校です。

障害馬術をはじめたきっかけは、高校受験で進路を決める際に見た一枚の写真でした。

その写真は秋田県立角館高校にある馬術部の風景でした。

広田思乃さんは元々身体が弱く病気がちでスポーツをやったことがありませんでした。

「写真を見たときに、馬なら乗ってもいいんじゃないかと勝手に思って、乗馬部に入りました。毎日、馬の世話で楽しかったのですが、半年ぐらい経って病気で入院することになってしまった。友達もまだできていなくて、退院したときに私を受け入れてくれたのが馬たちだったんです」

参考元:Tarzan

広田思乃さんの高校時代を知る夫の龍馬さん。

高校時代の広田思乃さんの様子を見て、馬と心を一緒になる力がすごいと思ったと語っています。

結果、夫の龍馬さんが調教した馬で秋田県民として初めての国体優勝を果たしています。

広田思乃(障害馬術)まとめ

広田思乃
広田思乃(障害馬術)まとめ
  • 障害馬術の選手
  • 社会福祉士としても活動
  • 夫の龍馬さんはオリンピック選手
  • 息子の大和さんは将来有望の選手
  • 家族揃って日本選手権優勝
  • 高校時代まで病気がちでスポーツ経験なし
  • 秋田県勢初の障害馬術全国大会優勝

広田思乃さんは社会福祉士という顔を持ち、ご自身が好きな馬と子供たちを交流させることによって心の悩みをなくす活動をしています。

また障害馬術の競技において男性にも負けない実力を持ち、親子揃って日本一の実力を持っています。

病気がちでスポーツが苦手だった広田思乃さん。

広田思乃さんにとって馬という存在は、生きていく上でなくてはならない存在ということがわかりましたね。