スポーツ

石田隼都(東海大相模)の中学時代がすごい!父の英才教育と家族構成は?

石田隼都投手は東海大相模高校野球部に所属しており、2021年度のエースピッチャーです。

高身長から繰り出されるテンポの速いピッチングが特徴的な石田隼都投手ですが、中学時代の活躍も素晴らしく、また、父親の存在にも注目が集まっています。

そこで今回は、石田隼都投手について中学時代がすごい!・石田隼都選手の父親の英才教育家族構成!といった流れで詳しくご紹介していきます。

石田隼都(東海大相模)の中学時代がすごい!

石田隼都

高校の野球王国と知られるの神奈川県で、甲子園常連校の東海大相模の野球部に所属している、石田隼都選手。

ここでは石田隼都選手の出身中学と所属チーム・中学時代の経歴についてご紹介していきます。

石田隼都(東海大相模)の出身中学と所属チーム

栃木県真岡市立真岡中学校

真岡中学校

石田隼都選手の出身中学校は、栃木県真岡市にある真岡中学校です。

中学時代の所属チームは真岡ボーイズの7期生として入団しています。

また、真岡ボーイズは日本野球連盟(ボーイズリーグ)に所属して10年ほどで日が浅いですが、石田隼都選手が在籍した時期は強豪チームとして知られていました。

石田隼都(東海大相模)の中学時代の経歴がすごい

石田隼都

中学時代硬式野球チーム・真岡ボーイズに入団した石田隼都投手ですが、中学2年生の頃エースに抜擢されます。

中学3年生になると最高球速は140キ㌔に迫るスピードになり、すごさが増してきます。

その後、近年ではプロ野球への登竜門と呼ばれる2018JUNIOR ALL JAPAN(野茂JAPAN)へ選出されることになります。

強豪・真岡ボーイズでは2年春からエースを担い、3年夏には野茂JAPANの一員として米国遠征を経験する怪物・石田隼都(新1年)。身長181㎝の長身から最速140㎞に迫る直球を誇り、その実力にはJAPANの一員も舌を巻く。多彩な変化球との組合せは既に中学離れし、進学予定の名門でも期待が懸かる!

中学3年生で181センチから投げ出される球はかなりすごいので、同世代の打者ではあまり見ることがないはずなので打てる選手は、かなり限られてくると思います。

高校野球デビューにあたってかなりの期待がかかっていたことが推測されます。

石田隼都(東海大相模)の父の英才教育家族構成

石田隼都

現在、(2021年)神奈川の名門、東海大相模のエースを任されている石田隼都投手。

野球をはじめるにあたって父親の存在がきっかけだったという噂があります。

ここからは石田隼都投手のプロフィール・父の英才教育と家族構成についてk¥ご紹介します。

石田隼都(東海大相模)のプロフィール

  • 名前:石田隼都(いしたはやと)
  • 生年月日:2003年4月5日
  • 出身地:栃木県真岡市
  • 身長:183㎝
  • 体重:73kg
  • ポジション:投手
  • 最高球速:146㌔
  • 変化球:スライダー・カーブ・チェンジアップ
  • 投打:左/左
  • 出身小学校:真岡小学校
  • 出身中学:真岡中学校
中西聖輝
中西聖輝(智弁和歌山)の出身中学と小学校は?身長体重も気になる!中西聖輝(なかにしまさき)投手は和歌山県の高校野球の強豪校『智弁和歌山』のエースであり、その投球内容からドラフト候補に挙がる実力を持って...
髙木翔斗
髙木翔斗捕手(県岐阜商)出身中学と小学校は?身長体重が気になる!髙木翔斗(たかぎしょうと)捕手は県立岐阜商業高校の正捕手であり、中学時代は場外ホームランを放つパワーがあるなど、ドラフトの目玉の一人とも...

石田隼都(東海大相模)の父の英才教育の方法は?

石田隼都投手の家族構成は父親と兄がいることがわかっており、おそらく母親もいらっしゃる可能性が高いので4人家族と推測できます。

また父親の名前は英生さんとおっしゃいます。

父親の英生さんは、石田隼都投手が小学生時代に所属していた野球チーム、真岡クラブの監督をやっていました。

石田隼都投手のお兄さんも真岡クラブに所属していたそうですが、厳しく指導をしすぎたという反省もあり、石田隼都投手には自由に野球をさせたそうです。

父親の英生さんが野球チームの監督だからといって、何か特別な英才教育をしていたわけではなかったようです。

おそらく伸び伸びできる環境で自分で考えながら野球をしてきたことが、今の石田隼都投手のような将来を期待される高校球児にしたのかもしれませんね。