スポーツ

長谷川康生(玉野商工)の中学時代が凄い!ドラフト2021に期待!

長谷川康生投手は岡山県にある公立玉野商工高等学校野球部ピッチャーです。

中学時代に長谷川康生投手は、全国大会を二度も制覇していますが、とある理由により無名の公立高校に進学しています。

現在は玉野商工高校野球部エースピッチャーとして活躍しており、ドラフト候補にあげられているのでしょうか?

そこで今回は長谷川康生投手について、中学時代が凄い!・ドラフト2021に期待!プロフィールといった流れで詳しくご紹介していきます。

長谷川康生投手(玉野商工)の中学時代が凄い!

長谷川康生投手は中学時代ヤングリーグ所属のオール岡山でエースピッチャーとして活躍していました。

中学3年生の時には以下↓の成績を残しています。

中学時代の成績

  • ヤングリーグ春季大会2018:優勝
  • アングリーグ選手権大会2018:2回戦
  • ジャイアンツカップ2018:1回戦
  • ヤングリーググランドチャンピオン大会2018:優勝

長谷川康生投手は中学時代にヤングリーグ春季大会2018、ヤングリーググランドチャンピオン大会2018と全国制覇2度経験しています。

グラチャン優勝
最後の大会優勝できて満足。

上記は↑は長谷川康生投手の全国制覇したときのコメントです。

ヤングリーグは硬式球を使用しており、全国に180のチームが所属しています。

ヤングリーグでプレーする球児たちの中にはプロ志望もたくさんいます。

その中の頂点なのでかなりすごいことですね!

 

しかしこれだけの好成績を残していながら無名の公立校、玉野商工高校に進学しています。

20の強豪高校からスカウトをされながら公立高校を選んで理由には何があったのでしょうか?

実は玉野商工の角田篤敏監督が長谷川康生投手の父親、史将さんの高校時代の恩師だったそうです。

長谷川康生投手は角田篤敏監督と『話してみて面白そうだと思った』と語っており、進学を決めています。

プロ志望であれば普通なら強豪校に進学しスカウトの目に留まるところでプレーするのですが、長谷川康生投手は見た目の柔らかさとは違い意外と思い切ったことをされるんですね!

長谷川康生投手(玉野商工)のドラフト2021に期待!

長谷川康生投手のドラフト2021での指名の可能性は現在(2021/6/30時点)の所は低いといっていいでしょう。

長谷川康生投手の主な年表

  • 2019:一年生の春から公式戦登板
  • 2019:夏予選二回戦でノーヒットノーラン
  • 2020:二年生の秋大会ベスト8

長谷川康生投手は高校時代に入ってからは、未だ目立った活躍をしていないのがドラフト指名の可能性が低い理由です。

身長体重は175センチ74キロと、プロになるには小柄な体格。

ここから評価を上げて高卒でドラフト指名をされるのであれば、甲子園出場は絶対条件でしょう。

ただ上記↑のように、中学時代のポテンシャルが本物であれば、ここで覚醒することも期待できます。

村山亮介
村山亮介(幕張総合)の中学時代は?規格外の身長体重がすごい!村山亮介捕手は千葉県にある公立高校、幕張総合高校野球部のキャッチャーです。 夏の甲子園予選前の段階で高校通算本塁打35本、キャッチ...

長谷川康生投手(玉野商工)のプロフィール

  • 名前:長谷川康生
長谷川康生
  • 生年月日:2003年5月30日
  • 出身:岡山県岡山市
  • 球速:145㌔
  • 球種:スライダー・カーブ
  • 身長:175センチ
  • 体重:74キロ
  • 小学生:岡山庭瀬シャークス・タイガースJr.
  • 中学生:オール岡山
  • 高校:玉野商工高等学校

長谷川康生投手は最速145㌔のストレートキレのあるスライダーを投げます。

角田篤敏監督いわく、かつての教え子の元広島カープの吉年滝徳投手よりも、制球や直球の回転数、キレなど長谷川康生投手の方が上とコメントしています。

玉野商工では主将を務め打順は3番とまさにチームの柱と言える存在です。

長谷川康生投手はプロ志望であるとコメントしているので、この夏の熱投に注目です!