スポーツ

村山亮介(幕張総合)の中学時代は?規格外の身長体重がすごい!

村山亮介捕手は千葉県にある公立高校、幕張総合高校野球部のキャッチャーです。

夏の甲子園予選前の段階で高校通算本塁打35本、キャッチャーとしては二塁へのスローイングタイムは1.9秒とパワーと強肩を持つ超高校級のスラッガーと言われており、ドラフト候補にも上がる逸材です。

そんな村山亮介選手ですが、高校入学以前は現在のプレースタイルとは異なり、そこまで目立つ選手ではなかったそうです。

そこで今回は村山亮介捕手について、中学時代は?規格外の身長体重がすごい!・プロフィールといった流れで詳しくご紹介していきます。

村山亮介捕手(幕張総合)の中学時代は?

村山亮介

村山亮介捕手の中学時代硬式野球千葉西リトルシニアに入団しています。

千葉西リトルシニアのOBには楽天の山下斐紹選手や中日二軍監督の小笠原道大監督などが所属していました。

またチームメイトにはエースに関東第一の鎌倉滉太選手や主力打者には志学館の寺澤拓生選手などがおり、強豪チームとして知られていました。

そんな千葉西リトルシニアでは村山亮介捕手の打順は下位でした。

バントすることなども非常に多く、とても現在のようなスラッガーになるというのは想像できなかったと思います。

 

幕張総合高校の柳田大輔監督はそんな村山亮介捕手の将来性を見極めてスカウトしているのはすごいですね!

村山亮介捕手(幕張総合)の規格外の身長体重がすごい!

村山亮介

ネット上では下記のように村山亮介選手の体格に注目する人が増えてきています。

村山亮介君(幕張総合)が気になりますね
体格が凄い。

 

村山亮介捕手の身長体重186センチ/108キロ

とにかく恵まれた体格をしていますね。

中学時代に受験太りで100キロオーバーになり、減量と筋トレにより現在の体格になっています。

さらにチームメイトからは現在でも暴飲暴食を指摘されており、焼肉にいった時はご飯を7杯も食べてしまうそうです。

それはこれだけ大きくなってしまうわけですね!

村山亮介捕手(幕張総合)のプロフィール

村山亮介

  • 名前:村山亮介
  • 生年:2003年
  • 出身:千葉県八千代市
  • 投打:右/右
  • 身長:186センチ
  • 体重:108キロ
  • ポジション:捕手
  • 中学:千葉西リトルシニア
  • 高校:千葉県立幕張総合高等学校

村山亮介捕手は高校時代になってから打撃フォームを改善することによってスラッガーへと覚醒しています。

きっかけになったのは高校2年生8月。

柳田大輔監督の広い人脈のおかげで、明秀学園日立高校の金沢成奉監督のおかげで出稽古を受けることができたからでした。

金沢成奉監督は光星学院時代に巨人の坂本勇人選手などを育てている名将です。

金沢成奉監督「硬さはあるけれど力がある。股関節や膝などそれぞれの関節を上手く使えば大化けする可能性がある」

参考元:Number

それからオフまでのたった数ヶ月の間に十五発の本塁打を打っています。

スイングスピード(プロの平均144キロ)も高二の秋では130キロでしたが高三の夏には152キロにまで成長しています。

 

村山亮介選手の目標は高卒でプロ入りしてレギュラーになり、メジャーに行くことだそうです。

千葉県の要注目スラッガーですね!

長谷川康生
長谷川康生(玉野商工)の中学時代が凄い!ドラフト2021に期待!長谷川康生投手は岡山県にある公立の玉野商工高等学校野球部のピッチャーです。 中学時代に長谷川康生投手は、全国大会を二度も制覇してい...