スポーツ

中村輪夢の名前の由来が気になる!父親も元BMX選手ってほんと?

中村輪夢(リム)選手は東京オリンピックの新競技ということで注目を集めている自転車競技『BMXフリースタイル』の競技者です。

東京オリンピックでは金メダル有力候補になっており、またその名前が変わっていて気になるという方が多くいます。

そこで今回は、中村輪夢選手の名前の由来が気になる!・父親も実は元BMXの選手って本当?といった流れで詳しくご紹介していきます。

中村輪夢選手の名前の由来が気になる!

 

中村輪夢

 

中村輪夢選手の生年月日は2002年2月9日。

21世紀生まれになると変わった名前のスポーツ選手も多く見られます。

中村輪夢選手もその例に漏れず変わった名前をしていますが、その名前の由来には家族から込められたある願いが関係していました。

ここでは中村輪夢選手の名前の由来と、名前の世間の反応をご紹介していきます。

中村輪夢選手の名前の由来は?

 

中村輪夢

 

中村輪夢選手の名前を考えた方は父親の中村辰司さんでした。

父親の辰司さんは地元京都でBMX専門店を経営していて自転車をこよなく愛しています。

リム』という読み名の由来は自転車の車輪の部品です。

タイヤ

リムとは上記の写真のようなホイールの外枠の部分で、チューブとタイヤの接着面のことですね。

『輪夢』という漢字の由来は”車輪”・オリンピックの”五輪”の『輪』と『夢』から付けられています。

読み名と漢字の掛け合わせに父親・辰司さんの自転車やオリンピックに対してのロマンを感じますね!

中村輪夢選手の名前の世間の反応は?

父親の辰司さんによって名付けられた『輪夢』という名前。

ネット上でもその名前に反応が見られました。

BMXの日本代表、輪夢って名前は藤川球児なみに親御さんか名付け親がそのスポーツ好きなんだなって丸わかりだな

 

中村輪夢とは漫画の主人公のような名前だな。

 

輪夢くんってBMXする為に生まれてきたような名前だな!すごい!!!

 

ネット上では

  • 親がそのスポーツ好きなんだな
  • 漫画みたいな名前
  • BMXの申し子みたい

といったようなコメントが見受けられました。

名前の通りに自転車競技で世界的に活躍する選手になれたことが本当にすごいですね!

中村輪夢選手の父親も実は元BMXの選手って本当?

中村輪夢,父親

 

実は父親の辰司さんは、地元京都でBMX専門店を経営しているだけではなく、BMXの元選手だったことをご存知でしょうか?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rim Nakamura/中村 輪夢(@rimbmx)がシェアした投稿

残念ながら成績などは見つかりませんでしたが、

父親の辰司さんがBMXの選手で、ショップも経営しているという環境は中村輪夢選手にとって、これ以上にないほど恵まれていると思いました。

中村輪夢選手も自らの意思で競技を続けていて、辞めたいと思ったことはないとおっしゃっています。

父親にBMXの楽しさを教えてもらえたことを、むしろ感謝しているとSNSでコメントしています。

中村輪夢選手のWikiプロフィールまとめ

 

 中村輪夢

 

家族のバックアップや、中村輪夢選手本人の努力もありBMXフリースタイルで着実に実力を上げてきています。

2002年生まれながら、すでに海外の大会でも多くの優勝経験をし、その将来を期待されている中村輪夢選手。

そんな中村輪夢選手のプロフィールと経歴をまとめました。

中村輪夢選手のWikiプロフィール

名前:中村 輪夢

中村輪夢

生年月日:2002年02月09日
身長体重:168cm/63kg
出身地:京都府
出場予定種目:自転車男子BMX(フリースタイル)
主な戦績:17年全日本選手権優勝,19年W杯総合優勝

 

中村輪夢選手の家族構成は父親の辰司さん・母親の麻美さん・姉の百果さんの四人家族です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rim Nakamura/中村 輪夢(@rimbmx)がシェアした投稿

 

いまだにご家族の仲は良いようですね!

 

中村輪夢選手は父親の辰司さんの影響で2歳からBMXを始めています。

2歳で自転車に乗れるのが既に驚きな感じですが、5歳で初めて大会に出場しています。

小学校高学年の頃には全国大会のキッズクラスで優勝するなど、将来を有望視されてきました。

中村輪夢選手の経歴

2019年:UCIワールド杯成都大会表彰台

中村輪夢,表彰台

  • 2015年:FISE World成都大会 優勝 (アマチュア部門)
  • 2016年:RECON TOUR 優勝 (13~15歳クラス)
  • 2016年:PERUGIA CUP 優勝
  • 2016年:G-Shock Real Tougness 優勝
  • 2017年:FL BMX Series 3位
  • 2017年:JAPAN CUP大会富山大会 優勝
  • 2017年:UCI UCIアーバンサイクリング世界選手権 7位
  • 2017年:第1回全日本BMXフリースタイル・パーク選手権大会 優勝
  • 2018年:UCIワールド杯広島大会 9位
  • 2019年:UCIワールド杯広島大会 準優勝
  • 2019年:X Games Minneapolis 2019 BMX Park 銀メダル
  • 2019年:UCIワールド杯成都大会 優勝
  • 2019年:UCIワールド杯年間総合ランキング 1位
  • 2020年:Simlpe Session 2020 BMX Park 優勝

海外の大会でも優勝回数も多く、着々と経験と実力を身につけ2019年にはなんとW杯で年間王者に輝いています。

中村輪夢選手は中学生の時にはプロとなり現在7つの会社とスポンサー契約を結んでいます。

間違いなく世界トップクラスの実力者であり、2021年東京オリンピック金メダル最有力候補なので活躍を楽しみにしたいですね!