スポーツ

日本男子バレーエース石川祐希の高校時代がすごい!身長ジャンプ力も!

日本男子バレーのエース石川祐希選手は、姉の影響で小学校4年生からバレーボールを始めました。

現在もイタリアのプロリーグでも活躍している石川祐希選手は高校時代の活躍も素晴らしく、前人未到の記録を残しています

そんな石川祐希選手の高校時代のエピソードについてまとめました。

女子バレー石川真佑選手の笑顔がかわいい!中学、高校時代もすごい!女子バレー日本代表の未来を背負う選手。 ポスト木村沙織のポジション争いにまた一人期待のルーキーが現れました。 石川真佑選...

石川祐希選手の現在の身長やジャンプ力は?

  • 生年月日 1995年12月11日
  • 出身地 愛知県岡崎市
  • 身長 192cm
  • 体重 84kg
  • 血液型 AB
  • 所属  イタリア(パッラヴォーロ・パドヴァ)
  • 愛称 ユウキ
  • ポジション WS
  • 利き手 右
  • スパイク到達地点 351cm

石川祐希選手の高校時代の変わったトレーニング!

スポーツをやっていく上で全国レベルの強豪校になるには、それなりの理由があると思います。

いまや男子バレー日本代表のエース、石川祐希選手が通っていた星城高校(愛知県豊明市)では、特徴的な「朝練」でトレーニングをします。

星城高校ではバレー部専用の体育館があります。

その体育館で毎朝行われるのは、主将が「ラスト!」と言わない限り続く実戦形式の練習です。

そして特徴的なのが放課後の練習とは異なり、センターがサイドアタッカーに回るなど、本来のポジション以外に配置されるということです。

選手たちの将来を見据えた恩師の想い!

もちろんこの練習方法には石川祐希選手の恩師、竹内裕幸監督が考えた狙いがあります。

「今の子たちは分業制でやってきて、リベロは返球率しか考えなかったり、センターは速攻しか打てなかったり…。自分のポジションはうまいが、人任せにすることが増えている。将来指導者になる子もいるので、バレー全般を勉強してほしい」

竹内裕幸監督は選手たちのバレー人生のことを考え、指導をしていたということです。

しかし、石川祐希選手は、朝練ではほとんどセッターに固定されていた。

その理由は、石川祐希選手の高校1年夏の全国高校総体のことです。

腹筋肉離れを受け、竹内裕幸監督は石川祐希選手の起用法に頭を悩ませました。

「頑張り過ぎると、またけがをする。あまり打数を積ませないようにしないと」

行き着いたのが2セッター制の導入でした。

石川祐希選手が後衛ローテーションしたときはセッターになり、アタッカーとしての負担を軽くするという案でした。

実は高校入学時に180センチ台前半だった身長の伸びが止まることも想定し、「セッターでスカウトされれば、Vリーグ入りや日本代表にも絡んでくるのではないか」という思いがあったということです。

高校三冠!奇跡の世代

大会ごとに「石川に打たせない日」を設けてエースの故障予防に努め、総体、国体、春高の高校3冠を達成した。

石川の“二刀流”は主将を任された3年になっても続き、世界ユース選手権はセッター兼任で出場した。

卒業後の進路を決めるころになると、身長は190センチを突破。

アタッカーとしての存在感が日に日に高まっていきました。

そしてセッターではなくアタッカーとして試合にのぞむようになり、大学からのセッターのスカウトはすべて断ると竹内監督に告げられました。

アタッカーとして才能を開花させた石川祐希選手は春高バレーも連覇し前人未到の2年連続3冠を達成しました