『世界遺産』西ノルウェーフィヨルドはクルーズで!ベストシーズン!

どこまでも続く海岸線、雄大な自然の彫刻。

ノルウェー西海岸に約500㎞に渡って続くフィヨルド地帯のなかでも、

とりわけ美しい景観を誇るガイランゲルフィヨルドとネーロイフィヨルド。

2005年に同国初の自然遺産として登録されました。

世界遺産の登録内容は?

  • 国名…ノルウェー
  • 登録名…西ノルウェーフィヨルド群-ガイランゲルフィヨルドとネーロイフィヨルド
  • 遺産区分…自然遺産
  • 登録年…2005年
  • 約100万年前に形成された氷河が大地を侵食し、約1万年前に現在の姿に。

氷河による侵食が生んだ類まれなる美観

フィヨルドとは、氷河によって深く削られたU字谷に、海水が入り込んでてきた長い海岸線をもつ地形のことです。

世界屈指のフィヨルドに地帯であるノルウェーの西海岸は、どこまでも続く海岸線に沿って絶壁ぎそそり立ち、青く透き通った海と相まって荘厳な雰囲気に満ちている。

なかでもベルゲン北部に位置するノルウェー四大フィヨルドの一つ、ガイランゲルフィヨルドは、その形状こ美しさから『最もフィヨルドらしい風景』と称されています。

標高1500m級の山々に挟まれた全長16キロにおよぶフィヨルドで、その岩肌からは無数の滝が白糸のように流れ落ちる。

また、ヨーロッパ最大のソグネフィヨルドの支流であるネーロイフィヨルドは、

250メートルという狭い湾プ幅が特徴で、山々の間を縫う大迫力のクルーズが楽しめます。

オススメ観光ポイントやベストシーズン

 

  • ベストシーズン…6〜8月
  • 行きやすさ…★★★☆☆

 

おすすめはなんといっても、フィヨルドクルーズ!

 

おすすめクルーズツアーはこちら!

 

雄大な自然を望みながら、静寂に包まれた船旅を満足できます。

氷河トレッキングにも、気軽に参加できるので、訪れる際はチャレンジしてみるのもいいかもしれません!