スポーツ

髙木翔斗捕手(県岐阜商)出身中学と小学校は?身長体重が気になる!

髙木翔斗(たかぎしょうと)捕手は県立岐阜商業高校の正捕手であり、中学時代は場外ホームランを放つパワーがあるなど、ドラフトの目玉の一人とも言える選手です。

そこで今回は、髙木翔斗(県岐阜商)の出身中学と小学校は?・身長体重も気になる!といった流れで詳しくご紹介していきます。

髙木翔斗捕手(県岐阜商)の出身中学と小学校は?

髙木翔斗

岐阜県強豪校、県立岐阜商業高校に在籍している髙木翔斗捕手のこれまでについて、

ここからは髙木翔斗捕手の出身小学校・中学校時代についてご紹介していきます。

髙木翔斗捕手(県岐阜商)の出身小学校

髙木翔斗捕手の小学校は、岐阜県にある小垂井町立府中小学校です。

小学生時代は、

2010年〜2015年まで軟式野球チームの伊吹クラブに在籍しており、

2015年の小学六年生の時に、中日ドラゴンズジュニアに選出されています。

また、中日ドラゴンズジュニアのOBには大阪桐蔭卒業し、現在中日ドラゴンズで活躍中の根尾昂内野手などがいます。

髙木翔斗捕手小学一年生から在籍していた伊吹クラブ時代には内野手の経験もありますが、キャッチャーやってきています。

髙木翔斗捕手は中日ドラゴンズジュニア時代に12球団ジュニアトーナメントで優勝も経験しています。

中日ドラゴンズジュニア2015

中日ドラゴンズジュニア

髙木翔斗捕手(県岐阜商)の出身中学校

髙木翔斗捕手の出身中学は、岐阜県にある小垂井町立北中学校です。

中学時代所属していたチームは、軟式野球の岐阜フェニックスベースボールクラブでした。

2018年の中学3年生の時は、『全国中学生都道府県対抗野球大会』に岐阜県代表として出場しており、髙木翔斗捕手はチームの4番であり試合では特大のホームランを放っています。(一時リーグ敗退)

岐阜フェニックスではスポーツジムも経営しており、体幹を鍛えるためジムを活用していました。

当時からしっかりとした身体作りができていたため、体格も良かったようです。

髙木翔斗捕手(県岐阜商)の身長体重も気になる!

髙木翔斗

髙木翔斗捕手は高校生打者、キャッチャーとしても、すでに全国トップクラスの実力を身につけており体格も良く、ドラフト候補に挙がっている逸材です。

ここでは髙木翔斗捕手のプロフィール・身長体重についてご紹介していきます。

髙木翔斗捕手(県岐阜商)のプロフィール

  • 名前:高木 翔斗(たかぎ しょうと)
  • 出身地:岐阜県垂井町
  • 生年月日:2003年8月12日
  • 投打:右投げ右打ち
  • ポジション:キャッチャー兼キャプテン
  • 所属:県立岐阜商業高校
  • 遠投:100m
  • 50m走:6秒8

髙木翔斗捕手(県岐阜商)の身長体重

髙木翔斗

高木翔斗捕手の身長体重は

  • 身長:186cm
  • 体重:90kg

と本人の身体作りの努力もあり、恵まれた体格と言っていいでしょう。

打撃面はキャッチャーらしい配球の読みの鋭さを生かし、高校通算17発のホームラン(高三夏予選前)を放っています。

守っては二塁送球に2.0秒前後から2.0秒台を計測するなど、キャッチャーとしての肩も高校野球トップレベルといえます。

中日ドラゴンズの米村チーフスカウトは

「打撃に関しては言うことがない。捕手としては全国でも上位クラスでしょう」

といった評価をしており、ドラフト候補に挙がっていることが推測されます。

髙木翔斗捕手(県岐阜商)まとめ

●小垂井町立府中小学校出身。伊吹クラブ→中日ドラゴンズジュニア

●小垂井町立北小学校出身。軟式野球の岐阜フェニックスベースボールクラブ

●県立岐阜商業高校野球部主将

●高校通算17発のホームラン(高三夏予選前)

●二塁送球に2.0秒前後から2.0秒台

●身長体重は186cm/90kgと恵まれた体格

●打撃面はキャッチャー特有の読みの鋭さ・長打力がある