スポーツ

女子バレー石川真佑選手の笑顔がかわいい!中学、高校時代もすごい!

女子バレー日本代表の未来を背負う選手。

ポスト木村沙織のポジション争いにまた一人期待のルーキーが現れました。

石川真佑選手。

ブロックを切り裂くスパイクと、無回転のジャンプフローターサーブ。

男子バレー日本代表、石川祐希を兄にもつ石川真佑選手の今後も気になるところですが、
今回は中学高校時代について調査してみました!

日本男子バレーエース石川祐希の高校時代がすごい!身長ジャンプ力も!日本男子バレーのエース石川祐希選手は、姉の影響で小学校4年生からバレーボールを始めました。 現在もイタリアのプロリーグでも活躍して...

 

石川真佑選手のプロフィール

 

  • 生年月日  2000/05/14
  • 身長  174cm
  • 出身高校  下北沢成徳高校
  • 出身地  愛知県出身
  • 愛称 マユ
  • ポジション  アウトサイドヒッター
  • 尊敬する人  兄

 

石川真佑選手はバレーの強豪中学へ!

石川真佑選手は、愛知県岡崎市出身ですが、中学は地元の愛知県ではなく、長野県にある長野市裾花中学校に入学しました。

 

裾花中学校は、バレーの強豪校とし有名で、特に女子バレー部としては全国を5回制覇

石川真佑さんは既に、中学時代から「バレーボール選手になる」という将来の夢を叶えるために裾花中学校に入学を決断したということですね。
日本一厳しい練習で知られる長野市立裾花中学校に通っていた石川真佑選手。練習を重ねた結果、中学生にしてバックアタックを軽々と決めるほどになり、石川真佑選手は長野市裾花中学校のバレー部で1年の時から、スタメンで中学3年間で二度の日本一に輝いた。


石川真佑選手は中学時代にキャプテンも務めていたそうです。

石川真佑選手の高校時代!笑顔もかわいいけど実績もすごい!

高校時代の石川真佑選手。

笑顔がハツラツとしていてかわいいですね

 

 

バレーボール選手を目指すため石川真佑選手はバレーの名門校である下北沢成徳高校に入学するため上京します。

ここは、木村沙織選手・大山加奈選手・荒木絵里香選手・黒後愛選手など女子バレー日本代表を多数輩出しています。

現在、共に日本代表として選ばれている

当時黒後愛選手(高3)と石川真佑選手(高1)で先輩・後輩としてチームメイトとして戦っていました。

黒後愛選手の高校時代はこちら!

石川真佑選手はバレーの強豪校、下北沢成徳高校に入学し1年の時からバレー部でレギュラーを獲得していました。

兄、石川祐希からみた石川真佑選手とは?その後の実績。

 

兄である男子石川祐希は1年生ながらレギュラー出場し、高校日本一に輝いた妹について「妹のほうが結果を残している」と話いています。

 

下北沢成徳の小川良樹監督は石川について「高い技術は持っているが体ができていない」と指摘。

そこでフィジカルトレーニングを強化し、1時間全力で走り込むなどしています。

黒後愛選手が卒業して、高校2年生の春高バレーでは、エースとして出場。

残念ながら2018年の春高バレーでは惜しくも準優勝となって涙を流す姿も。

しかし石川真佑さんは試合で最多の25点を挙げるなどして、「絶対的エース」として活躍しました。