スポーツ

女子バレーボールキャプテン荒木絵里香の高校時代の経歴がすごい!

2021年東京オレンピック注目の競技の一つといえば女子バレーボール。

その女子バレーのキャプテンといえば皆さんご存知の荒木絵里香選手ですね。()

女子バレー代表としての荒木絵里香選手ですが、もちろん高校時代も素晴らしい経歴を持っているんです。

ですが現在の女子バレー代表の荒木絵里香さ選手の経歴は知っていても、高校時代がどうだったのか知らないという方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は女子バレーキャプテン荒木絵里香選手のプロフィール、高校時代の経歴、世間の評価は?といった流れで詳しくご紹介していきますね。

女子バレーキャプテン荒木絵里香選手のプロフィール!

荒木絵里香

荒木絵里香

生年月日:1984年8月3日
出身地:岡山県倉敷市
身長:186cm
体重:79kg
血液型:O型
所属:トヨタ車体クインシーズ
愛称:エリカ
ポジション:MB
指高:239cm
利き手:右
スパイク:307cm
ブロック:298cm

参考元:Wikipedia

 

荒木絵里香選手は1984年に岡山県倉敷市に生まれました。

家族構成は早稲田大学ラグビー部OBの父親の博和さん、体育教員の母親の和子さんに弟が一人の四人家族です。

体育会系の一家で育った荒木絵里香選手は幼い頃から水泳や、陸上クラブに通っていました。

両親の影響もあって体を動かすことが周りと比べても得意だったようです。

 

バレーボールは小学校5年生に始めました。なんとその時点で身長は174センチもあったそうです。

成人女性の平均身長が160センチもないので、それに比べるとかなり高いことがわかりますね。

 

それから中学生になるとアクエリアス杯の選抜メンバー、オリンピック有望選手に選出されています。

女子バレーキャプテン荒木絵里香選手の高校時代の経歴!

下北沢成徳高等学校(旧:成徳高等学校)

下北沢成徳高校OLYMPUS DIGITAL CAMERA

荒木絵里香選手の出身高校は成徳学園高校、現在の下北沢成徳沢高校です。

OGには木村沙織、大山加奈、黒後愛、石川真佑選手など全日本代表を多数輩出する、女子バレーボールの超名門校。

成徳学園女子バレーボールメンバー

聖徳学園高校メンバー

同級生に大山加奈選手がおり、高校2年生(2002年)のときに春高決勝にて元全日本代表、三田尻高校の栗原恵と対戦。成徳学園高校初となる春高優勝を果たしています。

そしてインターハイ、国体も制覇したことにより高校三冠を達成するという快挙を成し遂げています。

黒後愛
古賀紗理那の可愛い画像まとめ!私服姿や高校時代も集めてみた!全日本女子バレーボール代表の古賀紗理那選手が可愛いと話題ですね! 2013年の高校時代に、全日本代表デビューするという木村沙織選手...
籾井あき
女子バレー籾井あきはハーフ?【画像】高校時代にセッター転向したワケ籾井あき選手は2000年ミレニアム世代であり、V.LEAGUE DIVISION1のJTマーヴェラスに所属している女子バレーボール選手で...

 

女子バレーキャプテン荒木絵里香選手の世間の評価は?

荒木絵里香

荒木絵里香選手は2003年に『全日本代表』に初選出され、2009年〜2012年はキャプテンとして活躍しています。

なので今回の女子バレーキャプテンは再就任ということになります。

木村沙織選手の引退により、次の全日本女子バレーキャプテンが誰か注目が集まっていましたが、荒木絵里香選手が再就任するということで多くのファンが喜びの声を上げていました。

自分が小学生の頃から日本代表にいた荒木絵里香がまだ現役で代表、しかもキャプテン、信じられん

 

荒木絵里香選手ほんとにすごい。子育てしながら日本代表のキャプテン!!!なんだこの肩書きは!!

 

キャプテンが荒木絵里香選手なのも嬉しい!!ママさんになってもこんなに活躍出来るなんてすごい!!

荒木絵里香

荒木絵里香選手は『世界をぶちぬく鉄腕エリカ』のキャッチコピーで代表3年目(2006年)世界選手権でスタメン出場し、世間にも顔と名前が広がりました。

現在でもプレーヤーとして戦いつつ2014年には娘さんも生まれています。

母親になっても現役を貫き全日本女子バレーキャプテンという肩書きがあることは本当にすごいことで驚きです。

世間の反応も

自分が小学生の頃から女子バレーにでていてまだ代表でびっくり、という驚きの声や、

母になって全日本代表キャプテンをしているのがすごい、との声がたくさん上がっていました。

そんな荒木絵里香選手がこれからどこまで現役生活を続けるか楽しみですね!