時事ネタ

高田旭人社長(ジャパネット)学歴経歴がすごい!Wikiプロフィールまとめ!

高田旭人(たかたあきと)社長は、株式会社ジャパネットたかた代表取締役社長を務める日本の実業家です。

圧倒的な存在のカリスマだった先代の高田明氏の長男に生まれ、継承した2代目社長の高田旭人社長。

ジャパネットの行く末を不安視する声も上がりましたが、その後も毎年増収を続けており、実業家として高い資質を持っていますね。

そんな高田旭人社長は学歴もとても高いと話題になっています。

そこで今回は高田旭人社長の学歴について、出身大学は東京大学・出身高校は名門久留米附設・Wiki経歴プロフィールといった流れで詳しくご紹介していきます。

高田旭人(ジャパネット社長)の学歴①:出身大学は東京大学

高田旭人社長

高田旭人

高田旭人社長は1年浪人をして東京大学に進学。

浪人中は1日10時間勉強をしていたそうです。

また、東京大学では理科二類に入学し教養学部進学・卒業しています。

 

なお、東京大学理科二類を受験した理由について下記のように語っています↓

父の会社に進むのだったら、「息子だからというだけで後継者になった」と思われたくなかった。「東京大に行けば大丈夫だろう」。恥ずかしい話ですが、最初はそれだけで何を学びたいとか、どの教授に学びたいという考えはありませんでした。ですが、将来経営に携わりたかったので、学部・専攻の選択肢が多い理2を受験しました。1年浪人した後、合格しました。

参考元:毎日新聞

父親の偉大さがあったからこそ、それに負けない経歴を得ることを諦めなかったのでしょうね。

 

高田旭人社長は卒業後、野村證券に入社。

アメリカに留学を経験しており、2004年に『ジャパネットたかた』に入社しています。

高田旭人(ジャパネット社長)の学歴②:出身高校は名門久留米附設

久留米大学附設中学校・高等学校

久留米大学附設中学校・高等学校

高田旭人社長は福岡県の『私立久留米大学附設中学校・高等学校』へ進学しています。

久留米附設は九州では名門中の名門として知られており、卒業生には多くの著名人がいます↓

福岡県久留米市にある中高一貫校の久留米附設に進学したのは、母の「子供は早く自立させたほうがよい」という教育方針が理由でした。

そのため、中学高校時代は親元を離れ寮で暮らしています

高田旭人(ジャパネット社長)のWiki経歴プロフィール

高田旭人

ここでは高田旭人社長についてWikiプロフィール ・経歴といった流れでご紹介していきます↓

高田旭人社長のWikiプロフィール

高田旭人社長のWikiプロフィール
  • 本名:髙田旭人(たかだあきと)
高田旭人
  • 生年月日:1979年?月?日
  • 出身地:長崎県佐世保市
  • 最終学歴:東京大学教養学部
  • 職業:実業家

高田旭人社長は長崎県佐世保市出身。

家族構成は両親・姉・妹がおり、5人家族の長男です。

 

父親は通販番組で有名となった高田明氏です↓

【お疲れ様でした】ジャパネットたかた、高田明氏が社長退任 後任は長男・旭人氏

企業体制やロゴも一新するのに合わせ、16日より「新生ジャパネット! 開幕セール」がスタート。

高田明氏は株式会社ジャパネットたかた創業者であり、2015年1月15日の放送でテレビ出演を引退しています。

 

また、姉はV・ファーレン長崎代表取締役社長を務める高田春奈氏です↓

高田春奈氏は社長業を引き継ぐ理由として、「ジャパネットが目指すクラブの理念を、近くで理解している」「5月に東京で開いたヴィヴィくんのお誕生日会で、長崎以外のサポーターが多く訪れた姿に、勝負を超えたサッカーの楽しさ、可能性を感じた」等を挙げました。ヴィヴィ君とも仲良しです

姉の高田春奈氏も旭人社長と同様に、父親の事業を引き継いでいます。

 

父親が『ジャパネットたかた』の前身となるカメラ店『カメラのたかた』を開いたのは1986年、高田旭人社長は7歳のときでした。

幼少時代は家族で自宅兼店舗の2階に住んでいました。

その時に商売をする両親の姿を見て育っています。

そんな高田旭人社長は中学、高校のころには自然と「会社を継ぐものだ」と考えていたそうです。

高田旭人社長は世襲について下記のように語っています↓

「世襲がすべてダメだというのは違うのではないでしょうか。もちろん会社を継ぐという想いや知識の部分ではアドバンテージがあります。一つの事業をやるにしても、その根っこにはどんな背景があり、どういう苦労や悩み、喜びがあって今があるのかとか、そういうことは見ていないと分かりません」

「ただ、そのアドバンテージを生かすかどうかは個人次第です。親を見ていて得られるものもあるけど、そこにさらに教養やスキルを肉付けする努力が加わらなければ、後を継ぐのは難しいはずです。それを踏まえてフラットに、いろんな選択肢の中の一つとして世襲があればいいのではと考えています」

参考元:経済界ウェブ

高田旭人社長の経歴

ここにタイトルを入力
  • 2002年:野村證券 入社
  • 2003年:ジャパネットたかた 入社(販売推進統括本部長、商品開発推進本部長などを歴任)
  • 2010年:総合顧客コンタクト本部長兼商品管理部長
  • 2010年:ジャパネットコミュニケーションズ設立&代表取締役社長 就任
  • 2012年:ジャパネットたかた代表取締役副社長兼ジャパネットコミュニケーションズ取締役 就任
  • 2015年:ジャパネットたかた社長代表取締役 就任

https://detective-blog.com/andounoritaka-nissin/

太田英二郎
太田栄二郎(森永社長)の経歴【画像】Wikiプロフィールまとめ!太田英二郎(おおたえいじろう)社長は、森永製菓株式会社の代表取締役社長です。 森永製菓といえば、日本の大手菓子製造業社でトレードマ...
遠藤結蔵
遠藤結蔵(ゲオ社長)のWikiプロフィールと学歴まとめ!遠藤結蔵さんはゲオホールディングスの社長です。 2011年11月1日、33歳の時に社長に就任しています。 遠藤結蔵さんは社長...