エンタメ

田村正和の若い頃のイケメン画像まとめ!昔のドラマ時代劇作品も!

田村正和さんは1972『眠狂四郎』でブレイクを果たしてから、多くの映画やドラマで主演を務める超実力派の俳優でした。

さらに70年代から長期間、数多くの有名な作品に出ていたので世代を超えてたくさんのファンを獲得しています。

そこで今回は田村正和さんの若い頃がイケメン画像、Wikiプロフィールまとめ、昔のドラマや時代劇作品まとめといった流れでご紹介していきます。

田村正和さんの若い頃がイケメン【画像】

田村正和さんの若い頃のイケメン画像

田村正和 田村正和 田村正和

1970年代から多くのドラマや映画で主演を務めていて、世間からとても人気もありCM出演なども数多く出られています。

さらには同じ時代劇などで人気を博したイケメン俳優の京本政樹さんに似ているとの声もありました。

上記の画像を見ていただければわかるように、若い頃からかなりのイケメンですが、60代、70代になってもルックスは変わらず大人の渋みのある男性でした。

残念ながら2021年4月3日に天国へと旅立たれていますので、今後新しい映画やドラマを見ることはできません。

田村正和さんの若い頃・Wikiプロフィールまとめ

田村正和さんは、俳優生活50年以上の経験があり、数多くの映画、ドラマ、時代劇、舞台などで主演を務めてきたベテラン俳優という立ち位置でした。

しかし、名優の阪東妻三郎さんの息子さんとして生まれたが故の苦悩を隠しながら、常に八草としての自分を模索していました。

「俳優を始めて、親の七光りで松竹が主演映画を数本用意してくれていた。僕はそれがどんなにありがたいことか分かってなくて、とりあえず台詞だけは覚えて現場に行って、皆さんに迷惑かけないことだけ考えていたから、そんな状態で面白い映画ができるわけがない。それでダメになって、テレビに移った」

参考元:excite.ニュース

そんな田村正和さんについてここでは、WIkiプロフィール、デビューのきっかけといった流れで、ご紹介していきます。

田村正和さんのWikiプロフィール

田村正和

田村正和

生年月日:1943年8月1日
没年月日:2021年4月3日(77歳没)
生まれ:東京都世田谷区
身長 172cm
職業:俳優
ジャンル:テレビドラマ・映画・舞台
活動期間:1961年 – 2021年
著名な家族 父:阪東妻三郎

参考元:ウィキペディア

田村正和さんの家族は著名な方が多く、

父には阪東妻三郎さん、長兄の田村高廣、弟の田村亮と共に、若い頃当時『田村三兄弟』と呼ばれていました。

田村正和

なお、最終学歴は成城大学経済学部卒です。

1966年に大学を卒業するまで、役者の仕事をこなしつつ勉学もおろそかにしませんでした。

田村正和さんのデビューのきっかけは?

田村正和さんのデビューのきっかけは、1960年に兄の田村高廣さんの

主演映画『旗本愚連隊』の撮影現場に見学をしに行った際の端役として出演です。

『旗本愚連隊』:田村正和さん(右)

田村正和

 

その後1961年、松竹大船と専属契約を結ぶこと人ります。

田村正和さんはこの専属契約をきっかけにして成城学園高校の在学中に映画『永遠の人』で本格デビューをしています。

『永遠の人』:田村正和

田村正和

田村正和さんの若い頃・昔のドラマや映画作品

田村正和さんは1966年に松竹を退社してフリーとして活動をしていましたが脇役が続きました。

当時は地味な風貌で、声もあまり通らず不遇の日が続きました。

ですが1972年テレビ時代劇『眠狂四郎』で主演を務めてから、数多くの作品に抜擢されることになります。

1994年には刑事ドラマ『古畑任三郎』で主演。

当時の刑事ドラマの派手なアクションとは違い、淡々と犯人を追い詰めていく姿に、多くの若いファンがつきました。

犯人役には明石家さんま、SMAP、当時メジャーリーガのイチローなど、超豪華なキャストも出演するなど話題を呼びました。

田村正和さんのドラマ時代劇まとめ

1972年:『眠狂四郎』

田村正和

1983年:『夏に恋する女たち』
1984年〜:『うちの子にかぎって…』シリーズ

1985年:『男の家庭科』

田村正和
1985年:『子供が見てるでしょ!』

1987年〜:『パパはニュースキャスター』シリーズ

田村正和

1987年:『男たちによろしく』
1988〜:『ニューヨーク恋物語』シリーズ

田村正和
1993〜:『カミさんの悪口』シリーズ
1994〜:『古畑任三郎』シリーズ

田村正和

参考元:Wikipedia