エンタメ

山崎育三郎の若い頃【画像】昔と現在のドラマと舞台のイケメンまとめ!

山崎育三郎(やまさきいくさぶろう)さんは研音に所属するドラマ・ミュージカルなどで活躍している俳優です。

また、奥さんは『元モーニング娘。』の安倍なつみさんです。

そんな山崎育三郎さんですが、多くのファンやドラマ・舞台の視聴者などからは『かっこいい』『イケメン』と反響があり、『若い頃もイケメン』と言われています。

そこで今回は俳優の安倍なつみさんについて、若い頃がイケメン・Wikiプロフィールまとめ・昔と現在のドラマ舞台まとめといった流れで詳しくご紹介していきます。

山崎育三郎の若い頃がイケメン【画像】

山崎育三郎の若い頃の画像

山崎育三郎 山崎育三郎 山崎育三郎

山崎育三郎の現在の画像

山崎育三郎

上記↑の山﨑育三郎さんの若い頃現在比較画像を見ると、どちらもイケメンですが印象が違いますね!

個人的には現在の山崎育三郎さんの方が、大人の色気が出てきていてかっこいいなと思いました。

わんたん
わんたん
まさに『ミュージカル界のプリンス』って感じだな

 

またネット上では山崎育三郎さんがジャニーズWESTの重岡大毅さんに似てるという声も上がっています。

下記↓はお二人の比較画像です。

ジャニーズWESTの重岡くんと
山崎育三郎さんって
似てるなぁって
ずっと、思ってる人←#ジャニーズWEST#重岡大毅#山崎育三郎#似てる

お二人を見比べると確かに髪型も似ているからか、目元なども似ていますね。

どちらかというとそっくりというよりは、兄弟のような感じがしました。

山崎育三郎のWikiプロフィールまとめ

現在、ミュージカルの舞台テレビドラマなど俳優として活躍している山崎育三郎さん。

ミュージカル界のプリンス』と呼ばれる山崎育三郎さんですが、演技の世界へと進んでいった経緯はどんなものなのでしょうか?

ここでは山崎育三郎さんについて、Wikiプロフィール・芸能界デビューのきっかけといった流れでご紹介していきます。

山崎育三郎のWikiプロフィール・家族構成

山崎育三郎のWikiプロフィール
  • 名前:山崎育三郎(やまさきいくさぶろう)
山崎育三郎
  • 生年月日:1986年1月18日
  • 出身地:東京都
  • 身長:177cm
  • 血液型:A型
  • 職業:俳優・歌手
  • ジャンル:ミュージカル
  • 活動期間:2007年
  • 妻:安倍なつみ
  • 事務所:研音

参考元:山崎育三郎 オフィシャルサイト

山崎育三郎さんの家族構成両親と兄が二人、弟が一人の六人家族です。

両親は山崎育三郎さんが高校生の時に離婚しています。

幼い頃は東京都港区高輪で父方の祖父母と8人で暮らしていました。

両親の離婚、兄二人は海外へ留学、弟は香川県の『尽誠高校』へ野球留学が重なったため山崎育三郎さんが祖父母の介護を一人でしていたそうです。

わんたん
わんたん
四人兄弟のうち二人が社長ってすごいな(゚o゚;;

ちなみに、山崎育三郎さん含め兄弟全員が海外留学をしており、実家はお金持ちであることが推測できます。

山﨑育三郎の芸能界デビューのきっかけは?

山崎育三郎さんが芸能界デビューをしたきっかけは幼稚園の時にみた『アニー』がきっかけです。

アニーを見て感動した山崎育三郎さんは母親からCDを買い与えられ、耳コピしてずっと歌っていました。

音楽の先生であった母親はそんな山崎育三郎さんを見て、歌のレッスンをはじめました。

下記↓は山崎育三郎さんの学生時代の経歴です。

  1. 1997年:全国童謡コンクールにて審査員特別賞を受賞
  2. 1998年:『アルゴミュージカル』に主演
  3. 2001年:東邦音楽大学附属東邦高等学校声楽科に入学
  4. 2002年:アメリカのノースカンティー・ハイスクールへ語学留学
  5. 2003年:全米高校生クラシック声楽コンクールのミズーリ州大会にて上位入賞
  6. 2004年:ソニーミュージックSDオーディションで約2万人の中から最終10名に選出
  7. 2005年:東邦音楽大学附属東邦高等学校声楽科を卒業
  8. 2005年:東京音楽大学声楽演奏家コースに進学。

 

わんたん
わんたん
どおりで歌が上手いわけだな(゚o゚;;

 

大学生になるとミュージカル『レ・ミゼラブル』の日本初演20周年記念公演のオーディションでマリウス役に抜擢され、2006年9月に大学を2年中途退学しています。

その翌年2007年に『レ・ミゼラブル』で正式にデビューしました。

松山ケンイチ
松山ケンイチの若い頃【画像】昔と現在のドラマや映画のイケメンまとめ!松山ケンイチさんは、1985年生まれ青森県出身『ホリプロ』に所属する俳優です。 奥様はモデルで女優の小雪さんで、2011年に結婚さ...

山崎育三郎の昔と現在のドラマや舞台がイケメン【画像】

山崎育三郎さんは学生時代音楽の世界で活動する一方、現在は俳優として多くのドラマや舞台へ出演しています。

なお、2000年の『六番目の小夜子』でドラマ初出演、1998年の『アルゴミュージカル』で初舞台を経験しています。

ここでは山崎育三郎さんのドラマ舞台について、山崎育三郎の昔と現在のドラマ作品まとめ・山崎育三郎の昔と現在の舞台作品まとめといった流れで詳しくご紹介していきます。

山崎育三郎

山崎育三郎の昔と現在のドラマ作品まとめ

山崎育三郎の昔と現在の主なドラマ作品

2000年:『六番目の小夜子』加藤彰彦 役

山崎育三郎

2015年:『THE LAST COP/ラストコップ』安藤光輝 役

山崎育三郎

2015年:『下町ロケット』真野賢作 役

山崎育三郎

2016年:『お義父さんと呼ばせて』砂清水誠 役

山崎育三郎

2017年:『突然ですが、明日結婚します』神谷暁人 役

山崎育三郎
2017年:『あなたのことはそれほど』小田原真吾 役
2017年:『あいの結婚相談所』藍野真伍 役(初主演作)

山崎育三郎

2019年:『白い巨塔』国平幸一郎 役
2019年:『おっさんずラブ-in the sky-』獅子丸怜二 役

山崎育三郎

2021年:『青天を衝け』伊藤博文 役
2021年:『殴り愛、炎』明田光男 役 主演

山崎育三郎

2021年:『イチケイのカラス』井出伊織 役 

山崎育三郎

山崎育三郎さんは1998年のドラマ初出演以降、2015年からドラマに多く出演するようになり、これまでに20作品以上の作品に出演しています。

2010年代後半以降は主演作品も増え始めていますね。

なお、初出演となった1998年のドラマ『六番目の小夜子』では、

  • キャストかなり豪華なこと
  • 山崎育三郎さんの見た目が全く違う

といった二点に驚きの声をあげる視聴者が多くいました。

#六番目の小夜子
今NHKで再放送されてて懐かしすぎる
これリアルタイムで観てたな
それにしても今思えばキャストが豪華
山田孝之 山崎育三郎 鈴木杏
松本まりか 勝地涼 栗山千明

 

六番目の小夜子(昔のドラマ)見てるんだけど、この山崎育三郎が20年後まさかこんなイケオジになるだなんて誰が予想できたのよ

山田孝之
山田孝之の若い頃がかわいい【画像】ドラマ映画の昔と現在の作品まとめ!山田孝之(やまだたかゆき)さんは、1999年に芸能界デビューした日本を代表する俳優の一人です。 若い頃から様々なジャンルの映画やド...
松本まりかさ,リュック
松本まりかのリュック役は黒歴史?何歳の時に声優をしてた?ドラマの主演、バラエティ番組のMCなど活躍の場を広げている松本まりかさん。 そんな「あざと可愛い」キャラクターで知名度を広げた松本...

山崎育三郎の昔と現在の舞台作品まとめ

山崎育三郎の昔と現在の主な舞台作品

1998年:アルゴミュージカル「フラワー」 – ペルモ 役

山崎育三郎

1999年:ココスマイル – キンタ 役
2007年:レ・ミゼラブル – マリウス 役

山崎育三郎

2007年:ハレルヤ! – 広志 役
2008年〜2010年:サ・ビ・タ〜雨が運んだ愛〜 – ドンヒョン 役
2008年〜2009年:ラ・カージュ・オ・フォール〜籠の中の道化たち〜 – ジャン・ミシェル 役
2009年:パッチギ! – 吉田 役

山崎育三郎

2010年:イカれた主婦 ANGRY HOUSEWIVES – ティム 役
2011年:嵐が丘 – エドガー 役

山崎育三郎

2011年:ロミオ&ジュリエット – ロミオ 役(Wキャスト主演)
2011年〜2012年:ダンス・オブ・ヴァンパイア – アルフレート 役

山崎育三郎

2012年:コーヒープリンス1号店 – ハンギョル 役
2012年:ミス・サイゴン – クリス 役
2012年:観る朗読劇「100歳の少年と12通の手紙」 – オスカー 役
2012年:星めぐりのうた
2013年:交響劇「船に乗れ!」 – サトル 役(福井晶一と共にダブル主演)

山崎育三郎

2014年:レディ・ベス – ロビン・ブレイク 役
2015年:エリザベート – ルイジ・ルキーニ 役
2016年:プリシラ – ティック(ミッチ) 役
2016年:エリザベート – ルイジ・ルキーニ 役
2017年:レディ・ベス – ロビン・ブレイク 役
2018年:モーツァルト! – ヴォルフガング・モーツァルト 役(古川雄大とWキャスト主演)

山崎育三郎

2019年:プリシラ – ティック(ミッチ) 役
2019年:エリザベート – ルイジ・ルキーニ 役
2021年:モーツァルト! – ヴォルフガング・モーツァルト 役

山崎育三郎さんは1998年の舞台に初出演して以降、30作品以上に出演し、

  1. 『レ・ミゼラブル』
  2. 『ロミオ&ジュリエット』
  3. 『モーツァルト!』
  4. 『エリザベート』

など、多くの代表作で主演を務めており再演もされています。

 

なお、山崎育三郎さん、城田優さん、歌舞伎俳優の尾上松也さんのプロジェクト「IMY(あいまい)」についても話題となっています。

「IMY」は演劇やミュージカルを中心に日本のエンターテインメント界を盛り上げようと2019年に立ち上げたものです。

山崎育三郎・尾上松也・城田優 による #IMY が初登場 🌈

♪ プリンススマイル
♪ 数多の未来と愛
♪ 最後のダンス
(『#エリザベート』より)

…などを披露❗#山崎育三郎 #尾上松也 #城田優 #ミュージックフェア

 

演劇を中心に俳優・歌手として今後の活動にも注目が集まる山崎育三郎さん。

これからも引き続き応援していきます!

斎藤工
斎藤工の若い頃【画像】昔と現在のドラマや映画のイケメンまとめ!!斎藤工(さいとうたくみ)さんは東京都出身、ブルーベアハウスに所属する俳優です。 若い頃からドラマや映画に多数出演し、184センチの...
市原隼人
市原隼人の若い頃がイケメン【画像】昔と現在のドラマや映画作品まとめ!市原隼人(いちはらはやと)さんは、スターダストプロモーションに所属する俳優です。 1999年に日清食品『スパ王』のCMで芸能界デビ...