時事ネタ

【スタバCEO】水口貴文の経歴は?実家は靴屋で現在の年収がすごい!

水口貴文さんは現在日本に約1600店舗あるカフェチェーン店『スターバックスコーヒー』のCEOです。

スターバックスでは近年様々な経営の試みをしており、太宰府、京都、神戸などあらゆる場所で日本の昔ながらな建築様式とのコラボレーションが大きな反響をよんでいます。

そんな素晴らしい経営術を取り仕切っているのがCEO水口貴文さん。

そこで今回はスタバCEO水口貴文さんについて経歴・実家は靴屋?・年収といった流れで詳しくご紹介していきます。

【スタバCEO】水口貴文さんの経歴は?

水口貴文

水口貴文さんは2014年にスターバックスの最高執行責任者(COO)に就任後、2016年に代表取締役最高執行責任者(CEO)に就任しています。

では水口貴文さんのスターバックスに入社するまでの経歴はいったいどのようなものなのでしょうか?

ここでは水口貴文さんのWikiプロフィール・経歴の順でご紹介します。

【スタバCEO】水口貴文さんのWikiプロフィール

  • 水口貴文(みなぐちたかふみ)
水口貴文
  • 生年月日:1967年1月10日
  • 出身地:東京都
  • 高校:筑波大学附属高等学校
  • 大学:上智大学法学部国際関係法学科卒業
  • 大学院:ボッコーニ大学経営学修士課程修了(MBA取得)
  • 職業:実業家
  • 企業:スターバックス コーヒー ジャパンCEO

参考元:日経ビジネススクール

【スタバCEO】水口貴文さんの経歴

イタリア:ボッコーニ大学

ボッコーニ

水口貴文さんは1989年に上智大学法学部国際関係法学科を卒業後、イタリアの北部の都市『ミラノ』にあるボッコーニ大学経営学修士(MBA)課程を修了しています。

ボッコーニ大学MBA課程「ファッション」や「観光」その両方の領域で世界ランキングNo1の地位にあります。

イタリアの名門大学に留学してしまうような学歴からして、とても能力と実行力の高い人だということがわかりますね。

 

プライスウォーターハウス

プライスウォーターハウス

ボッコーニ大学卒業後はプライスウォーターハウスコンサルティング株式会社に入社しています。

イギリスの首都『ロンドン』を本拠地としており、現在世界157カ国742拠点に276,000人のスタッフを擁する世界最大級のプロフェッショナルサービスファームです。

2009年には、Universum社が発表した「最も魅力的な企業トップ50」において、世界第2位を獲得している世界的な優良企業です。

 

LVJグループ株式会社

ルイ・ヴィトン

水口貴文さんは2001年にはLVJグループ株式会社に入社しています。

これは後のルイ・ヴィトンジャパンカンパニー株式会社です。2008年マーチャンダイジング担当副社長に就任しており、ブランドビジネスの強さを持つが故の昇進と言えます。

2010年にはLVJグループ株式会社ロエベジャパンカンパニープレジデント&CEO、LVJグループ株式会社取締役、ロエベ韓国株式会社代表取締役プレジデント&CEO にも就任するなどグローバルビジネスの経験値がかなり貯まったといえるでしょう。

その後2014年にスターバックスのCEOに就任しました。

【スタバCEO】水口貴文さんの実家は靴屋!

水口貴文

水口貴文さんは1967年に父親の水口宝一さん、母親の慶子さんの間に生まれています。

実家は紳士靴ブランドの『ユニオン・ロイヤル株式会社』を経営していました。

2010年には岡本グループと合併しており、現在『世界長ユニオン株式會社』となっています。

水口貴文さんは20代〜30代前半にかけて実家のユニオン・ロイヤル株式会社の経営の立て直しを、父親の水口宝一さんに任されています。

この時期は資金繰りや社員のリストラなど、会社の雇用を守ることができず辛い時期だったようです。

そうした環境の中で感じたことは、会社というのはまず初めに利益をしっかりと出していかないとダメということでした。

【スタバCEO】水口貴文さんの現在の年収がすごい!

水口貴文

水口貴文さんの年収は公式には出ておらず、正確な数字はわかりません。

しかし、ハワード・シュルツCEOの年収から推測するとおそらく5〜8億円あたりかと思います。

下記は、2015年の年収が多かったフォーブス世界長者番付です。

2位は2,010万ドルを受け取ったスターバックスのハワード・シュルツCEO。

参考元:ForbesJAPAN

2,010万ドルは日本円にすると約22億円くらいです。

ハワード・シュルツさんは2018年に実業家を引退した、スターバックス全世界の最高経営責任者です。

そんな彼の年収を参考にすると5〜8億あたりなのではないかと推測できます。

今後も、中目黒にオープンした『スターバックス リザーブ ロースタリー』のような日本の感性を生かしたお店など、水口貴文さんのグローバルな経歴術に注目していきたいですね!